放置は危険|においや騒音に悩まされなくなるハクビシン駆除|専門家に依頼しよう
女性

においや騒音に悩まされなくなるハクビシン駆除|専門家に依頼しよう

放置は危険

散布機

害獣駆除の依頼で増えているのが、ヌーとリアとアライグマです。日本では、どちらも特定外来生物に指定してており、生態系を荒らしたり、農産物の深刻な食害などが社会問題となっています。両者とも繁殖力が高いため、子孫を残し、個体数を増やしています。鋭いツメとキバを持ち、人が襲われることもあります。姿を見かけたら放置せず、害獣駆除を行うことが重要です。害獣駆除には専門的なテクニックが必要なため、専門の業者に依頼しましょう。ヌーとリアやアライグマに限らず、どんな害獣でも駆除してくれます。習性に合わせて罠をしかけたり、夜行性ならばその習性に合わせた駆除方法をするなどしてくれます。すみやかに駆除して被害を防止することが大切です。

害獣駆除のプロは、発見現場でフンや足跡、獣道の有無などを確認します。痕跡があれば、定点カメラを設置して獣の様子を観察します。夜行性の動物には、赤外線カメラを使い、大きさや頭数を見ます。ヌーとリアには好物のニンジンで罠をしかけて生け捕りにします。アライグマは、根城をつきとめ、出口を塞いで追い詰めて捕獲します。アライグマは、家の天井裏や軒下に入り込むこともあり、その糞尿からは強烈な悪臭が漂います。カビや雑菌が繁殖しやすく、ウィルスの温床にもなります。ウィルスを媒介し、人へ感染する可能性もありますので、天井裏や軒下の清掃も必要になります。業者は、年中無休で駆除の依頼を受け付けています。フリーダイヤルが用意されていることもあります。